スポンサードリンク

2014年09月05日

保冷庫に玄米を入れる際に気を付けること!!

まず理想として、玄米は16%以下に乾燥したものを入れて下さい。 あまりに水分が高いとカビが発生したり玄米が固まったりすることがあります。

また、玄米を保冷庫に保管する場合、通常の冷蔵庫と同じく冷気が循環しやすいように、積み上げる際は冷気循環の隙間を開けるようにしましょう。

積み上げるポイントは、玄米の袋を奥の方に詰めて入れ、ドア側にできるだけ隙間を作るようにして下さい。 更に、ドア側に倒れて来ないように注意してして下さい。 この事に注意しないで無造作に玄米を入れると、 玄米の袋がドアを押すようになる場合があります。 そうなると、ドアと本体の間に隙間が出来て、床に水滴が落ちたり、ドアの鍵を解錠できなくなってドアが開かなくなる事があります。
posted by mizuki at 00:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月03日

玄米保冷庫で、玄米は何年くらい保存できるか?

みなさん玄米の保管に関してどの程度ご存知でしょうか?
通常、玄米保冷庫や冷蔵庫(野菜室など)で玄米(新米)を温度12〜14℃、湿度を低湿(55%〜75%)で保管すると、 少なくとも1年間は品質が低下せず、食味も新米と殆ど変わらないと言われています。

それ以降については、お米の鮮度としてとらえる事ができる「発芽率」が、低温貯蔵米は22か月経過しても95%を保っているとの報告がありますので、2年間は新米時の鮮度を保つ事が可能だと言えるでしょう。

ただ、やはり新米(玄米)はその年(1年以内)に召し上がるのが理想と言えます。
posted by mizuki at 23:03| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月06日

玄米が苦手なら「分づき米」から

これまで玄米のおいしさやすばらしさをご紹介してきました。
でも、玄米はちょっとぉ・・・という方に、
玄米により近い「分づき米」のご紹介です。

分づき米というには玄米に少しだけ精米をかけた玄米を言います。
3分づき、5分づき、7分づきといった具合に、7分に近づくほど白米に近くなります。

精米とは玄米から米ぬかを取り除く工程で、この精米によって玄米から胚芽も一緒に取り除かれていきます。

(玄米3分づき)
・玄米に近く胚芽とぬかが残っている状態の玄米です。

(玄米5分づき)
・胚芽とぬかがほんの少し残っている状態の玄米です。

玄米7分づき)
・ほぼ白米に近い玄米です。

いきなり玄米食というのはやっぱり抵抗もあります。
家族全員の同意も必要ですし。苦手だったり・・・

徐々に玄米に近づけていくのもひとつの手ではないでしょうか?

また、玄米は季節によっても変えてみるのもよいでしょう。
夏場はやっぱり食欲も落ちますし、
3分づきくらいでさっぱりとした玄米に炊き上げてみるのも良いのではないでしょうか。
posted by mizuki at 21:17| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月04日

玄米の選び方のコツ

玄米をおいしく炊く前にまずは玄米選びから!!

玄米といっても、いろいろな種類がありますし、値段もまちまち・・・では、どんなものを選べば良いのか、コツはあるのか?

それでは、簡単な玄米選びのコツをご紹介します。

せっかくですから、まず、玄米の選び方で一番注目するのが、無農薬有機栽培であるか?

これはいろいろな意見があるんですが、マクロビオティックという今、人気の食事法では無農薬有機栽培が基本となっています。

しかし、もうひとつ私が進めるのには理由があります。
玄米のもっともいい利点は胚芽という玄米にしか付いていない栄養素たっぷりの部位があります。

しかし、玄米の胚芽には農薬や毒素に当たるものを蓄積してしまうとも言われています。

例を挙げれば、フグと一緒ですね。身は安全でも内臓は猛毒・・・
まあフグとまでは言いませんが、微量ながらも長い月日食していく玄米ですから、できるだけ安全なものをお勧めしたいと思うからです。

でも、けして市販の玄米がいけないというわけではありません。
あくまでも理想です。値段もそれなりにしますしね。

話は戻って、玄米の選び方ですが、

玄米は、青い未熟米がなく、粒がそろっているものが理想といえます。
またツヤのあるものが好ましいですね。

条件はこの2点を見てもらえるとよいと思います。

条件にあった玄米を手に入れたら、後は炊くだけです。
玄米は傷が付きやすいので、やさしく洗い、浸水時間を守って炊きましょう。(研ぎ方は別記事の炊き方参照)

玄米の浸水時間は冬場なら一晩、暖かい夏場なら2〜3時間浸水させましょう。

おいしい玄米ご飯早速炊いてみてくださいね。
posted by mizuki at 09:55| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月06日

玄米を炊飯器で炊く

簡単!基本はこれだけ!!!
    浸水時間を守って炊飯器でも美味しく炊こう!!


今は、家電量販店に性能の良い圧力IHなど玄米がおいしく炊ける炊飯器がたくさんあります。
しかし炊飯器も良いものだと、なかなかお値段もお高いので、ここでは一般的な炊飯器(玄米炊きがついていないもの)で炊く場合を紹介します。

材   料: 玄 米 2合、 塩、 水

調理器具: 炊 飯 器

<炊き方>

1.玄米2合を下準備しておく。(こちらを参照

2.炊飯器に1.と水(玄米の1.5~1.8倍)を入れ7〜9時間置く。

3.塩を火とつまみいれ、スイッチを入れる。(玄米炊きモードがあればそれを使用する。)

4. 炊き上がったら、しゃもじでかき混ぜる。

玄米の炊飯器炊きはとにかく浸水時間が肝です。
前日寝る前や朝食の後などにちゃちゃっとセットしてしまいましょう。
また、玄米は冷凍保存も効きますので、多めに炊いて炊く時間と手間を減らすのもいいでしょう。
posted by mizuki at 22:20| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月16日

玄米を土鍋で炊く

土鍋でふっくら玄米を炊き上げよう!!

材   料: 玄 米 2合、 塩、 水

調理器具: 土 鍋(深めのものを用意)


<炊き方>

1.玄米2合を下準備しておく。(こちらを参照

2. 土鍋に1.と水(玄米の1.5〜1.8倍)を入れ蓋をして2〜6時間浸水する。

3. 浸水時間を経過した2.に塩を一つまみ加え、弱火で約10分、後中火で30〜40分炊く。うっすらとかに穴が見えてきたら、木栓をした蓋をし、とろ火で1時間炊く。

4. 最後に30秒中火にして、火を止める。10分ほど蒸らしてから、玄米をかき混ぜる。
posted by mizuki at 23:32| Comment(7) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月15日

玄米をステンレス鍋で炊く

ステンレス鍋で、さらっとした玄米を炊き上げよう!!

材   料: 玄 米 2合、 塩、 水

調理器具: ステンレス鍋(厚手、多層なものを準備)


<炊き方>

1.玄米2合を下準備しておく。(こちらを参照

2. ステンレス鍋に1.と水(玄米の1.5〜1.8倍)を入れ蓋をして2〜6時間浸水する。

3. 浸水時間を経過した2.に塩を一つまみ加え、火にかけて弱火で沸騰させ、弱火で30分以上炊き上げる。

4. 火からおろし、10分ほど蒸らしてから、玄米をしゃもじでかき混ぜる。


posted by mizuki at 23:11| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月14日

玄米を圧力釜で炊く

早くてやわらか玄米が炊けます!!

材   料: 玄 米 2合、 塩、 水

調理器具: 圧 力 鍋


<炊き方>

1.玄米2合を下準備しておく。(こちらを参照

2.圧力鍋に1.と水2・3/5カップを入れ、塩を一つまみ入れる。

3.玄米の入った圧力鍋を火にかけて弱火で沸騰させ、アクをとり、蓋をして弱火で20分炊き上げる。

4. 火からおろし、おもりをしたまま20分ほど蒸らしてから(圧がしっかりと抜けてから)、玄米をしゃもじでかき混ぜる。
posted by mizuki at 23:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月31日

玄米を炊くまえに!

玄米を炊く前に下準備をしましょう。

玄米は基本的に籾摺りしただけのものが多く市販品でも汚れや不純物が入っています。
玄米を炊く前にそのした処理をしないと炊き上がりが悪くなってしましますので、皆さんも必ずやりましょう。


@まず、玄米をボールにいれ、虫食いや殻のついたものを取り除きます。

A炊く分の玄米の分量を測ります。

B玄米の入ったボウルに水を張り、玄米はごしごし洗わず優しくまぜる感じで洗います。みずを2〜3回変えたらざるに上げておきます。
ここまでがした処理になります。
posted by mizuki at 00:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月30日

玄米の炊き方って?

玄米を炊く方法は何種類かあり、それぞれ玄米の炊き上がりが変わってきます。

それぞれ好みにあった、「玄米の炊き方」を探してみましょう。

それでは、何種類か玄米の炊き方と、玄米の炊き上がりの特徴を紹介していきましょう。


ステンレス鍋
さらっとした玄米に炊き上がりになります。IHや高機能のガス台で炊飯機能のあるものならより簡単です。

土  鍋
理想ですね、玄米がふっくらと炊き上がります。玄米本来の味触感が楽しめます。

圧  力  鍋
炊飯時間も早く、やわらかい玄米が炊けます。浸水時間も短縮できますし理想に近い炊き上がりになります。

炊  飯  器
一般的な炊飯器であれば、浸水時間を守れば美味しく炊けます。
またIHや圧力釜などの炊飯器ならよりおいしく玄米が炊けます。
posted by mizuki at 00:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月29日

玄米って?

ここでは玄米について少し知っておきましょう。

皆さんがいつも食べているのは「白米」です。玄米は精米する前(もみからからを取り除いただけ、表皮、胚芽、ぬか層が残っている状態)をいいます。

玄米の栄養はこんなにすごい!

玄米を精米すると、胚芽などが取り除かれてしましますが、実はこの胚芽こそ栄養の宝庫、その中身とは・・・・

◇ビタミンB1◇

玄米は数ある栄養素の中で、ビタミンB1がもっとも豊富に含まれている。体内では糖質がエネルギーに変わるのを手助けします。効果は疲労回復

◇ビタミンE◇

玄米には強力な抗酸化作用があり、老化防止の作用が認められています。

◇ミネラル◇

玄米には、カリウムやリン、カルシウムなどのミネラルが含まれています。

◇食物繊維◇

玄米は食物繊維が多く、腸の働きを助けてくれます。便秘予防にもなりますが、玄米は白米よりも固いのでよく噛んで食べる習慣をつけましょう。

posted by mizuki at 23:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

スポンサードリンク

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。